Laravel Tutorial Creating web service with Laravel and PaizaCloud (Japanese Edition)

Laravel Tutorial Creating web service with Laravel and PaizaCloud (Japanese Edition)

Posted by jack_miller | Published a year ago

With 2 ratings

By: YOSHIOKA TSUNEO and paiza

Purchased At: Or $2.99 to buy

PHPはWeb開発のために作られた言語で、HTMLファイルに埋め込むことでプログラムを動かしてくれます。小さなプログラムから作り始めて、すぐに動かすことができるので、初めてWeb開発をする人にも便利ですね。

ただ、より本格的なWebサービスを作ろうと思ったら、PHPのWebアプリケーションフレームワークを利用する必要が出てきます。

PHPのWebフレームワークには、Laravel、CakePHP、Symfony、Zend Framework、CodeIgniterなどがありますが、その中で、現在最も有名で人気のあるPHPフレームワークといえば、Laravelではないでしょうか。

以下のGoogleトレンドのデータでも、Laravelの人気が急激に伸びていることがわかりますね。

[f:id:paiza:20180216013143p:plain]
([Google Trends](https://trends.google.com/trends/explore?date=all&q=Laravel,CakePHP,CodeIgniter,Symfony&hl=en) より)

Laravelには、Web開発に便利なルーティング、MVC、ORマッパー、ジェネレータ等の機能が含まれており、Laravelの流儀にしたがって作れば、自然とわかりやすい構造のWebアプリケーションが作れるようになっています。

ただ、いざ開発で使おうとすると、PHP、Laravel、データベースを動かすための環境構築やデプロイなどが必要になってきます。これが意外と厄介で、手順通りにインストールしたつもりでも、OSやバージョン、他のソフトウェアなど、さまざまな原因で**エラーが出たりして失敗**することもあります。

そこで、今回は**ブラウザだけでLaravelを使ったWeb開発ができる[PaizaCloud Cloud IDE](https://paiza.cloud/)を使ってみます。**

[PaizaCloud](https://paiza.cloud/)は自由度が高く、Laravelなどのさまざまなフレームワークや言語を使ったWeb開発が、初心者でも簡単にできます。**[PaizaCloud](https://paiza.cloud/)を使えば、最短でLaravelを使ったWeb開発が始められます。**

**開発環境がクラウド上で動作しているので、自分でサーバなどを用意しなくても、作ったウェブサービスはその場で公開することもできます!**

まずは簡単なプログラムからはじめて、タスクリストを編集するサービスを作ってみましょう。現時点で最新のLaravel5.7での手順を紹介します。手順に沿って進めれば、10分程度で作れるかと思いますのでぜひ挑戦してみてください。

Customers Also Bought