Laravel5 / Socialite Laravel Admin Panel (Japanese Edition)

Laravel5 / Socialite Laravel Admin Panel (Japanese Edition)

Posted by jack_miller | Published a year ago

With 1 ratings

By: Yamazaki Daisuke

Purchased At: Or $3.14 to buy

更新: 2019年09月04日
・ Laravel Admin Panelの使い方
・ Crud Generatorの使い方
2章追加しました。

------------
<前提条件>
本書の関連書籍「はじめてのLaravel5.5入門 ~AWS Cloud9で学ぶ~ 」の1ページから46ページまで設定が済んでいること。
------------
を追加してます。

<PHPフレームワーク: Laravel 5.5 のソーシャルログイン(SNS認証)専用書籍>
書籍「はじめてのLaravel5.5入門 ~AWS Cloud9で学ぶ~ 」シリーズのSNS認証編となるため、「ステップ1を読み終えて」本書を参考にすることをオススメします。
(Laravelをインストール・設置した経験がある前提となります。)本書では、
「SNS認証(Facebook,Twitter,Github)の実装方法」と「各SNSのKEY取得方法」に特化した構成となり、ログイン画面・SNS認証が主な内容です。

読者ターゲット
書籍「はじめてのLaravel5.5入門 ~AWS Cloud9で学ぶ~ 」シリーズは、
「PHP初心者本が終わって、次に何を学ぶか?を考えている人」、「フレームワークを学んでみたい人」、「公開サーバーにアップロードする」など、PHPの初心者〜中級者の人向けに書いています。特に「フレームワークを勉強しようとしたけど難しかった」という人、勉強の仕方がわからない人にはぴったりかと思います。「フレームワーク」を勉強したい!そんな人にはぜひ「読みながら=作って」ほしいと思います。レッスンブックですので、作りながら学ぶ内容です。
特に「コマンド」は何回も出てきますが、慣れていきましょう。

開発環境
「AWS Cloud9」というクラウド開発環境を使います。「 AWS Cloud9」サービスに登録していただければ、自分のパソコンに環境をインストールする必要なく、クラウド上の管理画面ボタンを押していくだけで「クラウド上に開発環境」が作れるからです。失敗したらすぐに削除し、新規で「プロジェクト」を作り直せる(複数同時進行での作成も可能です)ので、フレームワーク初心者には失敗しても打撃がない、丁度よい環境です。開発では、環境準備で「あきらめる」人が多いので、本書では「Cloud9」で進めることにしています。「Cloud9」はAmazonが買収したサービスで「クレジットカード登録」だけは最初に必要になります。気になる方は、「AWS Cloud9」で検索してもらえれば、一般的に使われているサービスだとご理解いただけると思います。

Customers Also Bought